【使ってみた】大正製薬アドライズ(AdryS)化粧品を口コミ

大正製薬アドライズ(AdryS)の化粧水とクリーム

大正製薬から5月15日に発売される化粧品「アドライズ(AdryS)」。

実は私、発売前から興味深々でした。

なぜなら、
大正製薬の公式サイト「大正ビューティーオンライン」を開いたらとっても素敵なキャッチフレーズが飛び込んできたから。

 

「乾くな私、くすむな私」


これは肌に対するメッセージなんだけど、なんだか自分に対する応援歌のような気がして、ちょっとウルっときてしまいました・・

 

アドライズは、大正製薬が20年かけて研究開発した「保湿も美白も同時に叶える製薬会社コスメ」。

かなり期待しちゃうけれど、やっぱり使ってみないと本当に効果を実感できるか分かりませんよね。

使ってみないと分からない!

そこで私がアドライズ(AdryS)を実際に使って感じた使用感や成分のポイントをご紹介したいと思います。

大正製薬アドライズ(AdryS)の化粧水とクリームを持つ手

 

しっかり潤うのに、テクスチャーの重さを全く感じさせない新感覚の化粧水&クリーム。

とても快適な使い心地だったので、こんな方にピッタリだと思いますよ!

こんな方にピッタリ
  • 保湿も美白も両方したい
  • ベタ付く保湿はもう飽きた
  • 製薬会社のコスメが気になる

初回半額! 定期便1200円トライアル



大正製薬「アドライズ(AdryS)」化粧品口コミレビュー

大正製薬「アドライズ(AdryS)」の化粧水とクリームとクリーム外箱アドライズ(AdryS)を私が使って感じた感想を口コミレビューしますね。

アドライズを購入する前に私が感じていた疑問は次の3つ。

  1. 本当に保湿できるの?
  2. 美白もできるの?
  3. 本当にさらっとした使い心地?

むちゃくちゃ不信感を抱いていますが(笑)、この3つに沿いながら口コミ&レビューをしますね。

アドライズアクティブローション(化粧水)

大正製薬のアドライズアクティブローションを持つ左手まずは「アドライズアクティブローション」。

手に取ると水のようなパシャパシャっとした質感。

手からこぼれないように気を付けてね!

保湿化粧水ってトロトロっていうイメージがあったのでちょっと意外な質感です。

大正製薬「アドライズ(AdryS)」のアクティブローションを手に塗っている

アクティブローションを実際に肌に付けてみると、吸い込みは良い感じ。

サッパリしていてスゥっと自然に肌になじんでいきます。

 

後述しますが、大正製薬アドライズ(AdryS)のウリは大人気成分「ヘパリン類似物質」が配合されていること。

「ヘパリン類似物質」が配合されたローションを求めて女性が皮膚科に殺到!

社会問題化した話題の保湿成分です。

 

私もヘパリン類似物質の配合されたローションを使ったことがあるのですが、そのときはあんまり良いと感じなかったんですよね。

ヘパリン類似物質配合のビーソフテンと油性クリーム

 

人気があるから使ってみたけれど、肌の表面に残りベタつく感じがして、使用感が良いとは思わなかったなぁ・・

 

この点、大正製薬のアドライズ(AdryS)は宣伝どおりサラサラしていてかなり好みの使い心地。

透明で匂いもないので使いやすいですよ。

トライアルセットを見る>>

アドライズアクティブクリーム

大正製薬のアドライズアクティブクリームを持つ左手次にアドライズアクティブクリーム。

こちらも化粧水と同様、サラッとしていて瑞々しい質感。

これからの暑い時期にピッタリ!

 

一回の使用量はブルーベリー1粒分。

大正製薬のアドライズアクティブクリームをスパチュラで取った様子

ブルーベリー1粒分って結構大きい。

混合肌でテカリが気になる私はとしては、出勤前に塗るのは少しためらう量。。

だけどビックリ。

実際使ってみると、ふんわり軽いテクスチャーだから重くならないんです。

アドライズアクティブクリームを手に塗っている

 

「O/W(オイルインウォーター)」といって、水の中にオイルが包み込まれているので、ベタ付かず、テカリも気になりません。

実際、化粧直しがいらないほど、テカリは感じませんでした。

【AdrySデメリット】残念だった点を口コミ

大正製薬「アドライズ」の化粧水とクリームとパンフレット2種類化粧水、クリームともに使ってみて両方とも想像以上に良かったです。

20年かけて研究開発した大正製薬の実力を見せつけられた感じですね。

だけど、やはり「これはデメリットかなぁ」と感じる部分があったのは事実。

個人的に残念だなぁと思った点を2つ書きますね。

容器が簡素

化粧品って「キレイなパッケージを見ると気分が上がる♪♪」みたいなところってありますよね。

たとえば、IPSAのメタボライザーなんか外観パッケージにすごくこだわってますよね。

時代に応じて何度もリニューアルしちゃうくらい気合入っています。

 

history

 

この点、AdrySはシンプルですねー、容器が。

良く言えばシンプル、悪く言えば簡素。。

個人的には良いと思いますよ。簡素なパッケージ。

しかも、簡素ながらもクリームにはスパチュラを付けるという「押さえるところはちゃんと押さえた」上でのシンプル容器ですから。

容器にお金をかけないことで販売価格も抑えられますしね。

実際、アドライズ(AdryS)は製薬会社コスメとしてはコスパ良いです。

 

だけど、化粧品にゴージャス感とか、癒しとか求めるのであれば、AdrySでそれを満たすのは厳しいです。

トライアルセットに洗顔アイテムが入っていない。

これは商品構成のことなのですが・・

大正製薬アドライズ(AdryS)ではトライアルセットを発売しています。

いきなり本品を購入しなくてもお試しで使えるのはgoodですが、トライアルセットには化粧水とクリームの2点しか入っていません。

 

クレンジングや洗顔フォーム、石鹸は入っていません。

 

いや、いいんですよ、入っていなくても・・

だけどね、「アドライズ(AdryS)」としては肌のお手入れステップとして「(1)落とす(2)洗う(3)潤す(4)守る」の4ステップを推しているわけですよ。

(1)落とすアドライズアクティブクレンジングミルク
(2)洗うアドライズアクティブフェイスウォッシュ
アドライズアクティブアクティブソープ
(3)潤すアドライズアクティブローション
(4)守るアドライズアクティブクリーム

 

トライアルセットでは上の(3)と(4)しかお試しできないので、できれば(1)~(4)までの全部をお試しできるトライアルセットが欲しかったなぁと思います。

欲張りかな・・?

\43%オフ!1200円/トライアルセットでお試し!

【AdrySメリット】良かった点を口コミ

2点ほどデメリットを口コミしましたが、もちろん全体的にはアドライズに大満足!

購入する前は、本当に保湿できるのか、サラサラした質感なのか不安でしたが、今となってはかなり購入して良かったです。

皆さんも気になるであろう「保湿感」「美白」「質感」について口コミしますね。

保湿感はかなり満足

大正製薬「アドライズ(AdryS)」は保湿美白化粧品ですから、保湿感は当然気になりますよね。

この点、私は日中はオフィスワークをしているので乾燥しがちなのですが、夕方まで全く乾燥を感じることはありませんでした。

 

乾燥するオフィスワークでもOK!

 

そして私がアドライズの一番何が気に入ったかというと、やはり「ギャップ」じゃないかと思うんです。

ギャップ?

 

普通、保湿化粧品って、テクスチャーもしっとりしていて重い感じですよね。

塗った瞬間「はい、保湿してます!」って分かりやすい感じ。

 

だけど大正製薬「アドライズ(AdryS)」にはそんな重さや分かりやすさはありません。

むしろ質感はサラッサラで軽いです。

「こんなにサラサラしていて大丈夫?」とユーザーを不安にさせたうえで、「大丈夫、夕方になっても全然乾燥しない」という安心感を与えるという、このギャップ。

このギャップに私はやられましたね、ハイ。

 

そういう意味で私は大満足でした!

だけど「塗った瞬間、保湿してるぅぅと感じられるしっとり感が好き」「ある程度重くないと保湿してるっていう実感がない」という方にはちょっとオススメできないなぁと思います。

でもでも!さっぱりしててもアドライズなら保湿はできますからね!

\43%オフ!1200円/トライアルセットでお試し!

美白はじっくり

次に美白。

美白は夏は特に気になりますよね。

アドライズには昔からメラニンを排出して透明感を出す成分として知られている「プラセンタ」が配合されている医薬部外品。

だけど、実はまだ効果を実感できていません。

だって、まだAdrySを使い始めて2週間くらいですから!

 

肌のターンオーバーは約1か月。

だから、まずは1か月は使い続けないと何ともコメントできません。

私は目の下にあるシミが気になっています。そのシミが気にならなくなるといいなぁと思って使い続けてみますね。

「シミが目立たなくなった!」というようなことがあれば、またご報告します。

質感はベタ付かずサラサラ

最後に質感。

もうサラサラの質感だっていうことは伝わったかな。

「テクスチャーは軽いけど保湿効果はある」という大正製薬のこだわりポイントがしっかり感じられる化粧品に仕上がっています。

「本当に保湿化粧品なの?」と思うほどのサッパリ感なので、初めて使う人は衝撃を受けるかもしれません。

 

サラサラだと何がいいかって、まずテカらないですよね。

重たいベットリしたテクスチャーは、朝の化粧前に付けるのは勇気がいるし、夜に付けても目覚めたときドロドロになっていたりしがち。

だけど、サラサラなら朝しっかり使っても化粧崩れしませんし、毎朝ドロドロの顔にならずに家族に「おはよう」って言えるんです。

絶対にサラサラの方がが良くないですか?

個人的な感想ですが、大正製薬の方は「保湿化粧品だからって、テクスチャーまで重くすることはなくない?」という今のニーズに気づいていなんじゃないかなぁと思うんです。

 

「モイスト系の化粧品=重たくてべた付く化粧品」「塗った瞬間からしっとりでしょ?」などとしっとりテクスチャーを推す時代はもう終わり。

大正製薬のアドライズ(AdryS)がその風穴を開けてくれたんだと思います。

twitterやインスタなどSNSでの口コミ

大正製薬「アドライズ(AdryS)」の口コミが少しずつSNSに出てきているので、紹介しますね。

この方は軽い質感が気に入ったみたい。

これからも少しずつ追加していきますね!

\43%オフ!1200円/トライアルセットでお試し!

アドライズ(AdryS)化粧品の成分と効能

ここで、大正製薬「アドライズ(AdryS)」の成分や効能を書いておきますね。

「アドライズ」の化粧水とクリームはどちらも医薬部外品。

国の定める有効成分が一定量入っているので、肌に対する効果も期待が持てます。

アドライズの有効成分(化粧水・クリーム)

アドライズ(AdryS)のローションとクリームに共通して配合されている有効成分は2つ。

  1. ヘパリン類似物質(保湿)
  2. 水溶性プラセンタエキス(美白)

前述のとおり、ヘパリン類似物質は美容に敏感な女性達に大人気の保湿成分。

ヘパリン類似物質が配合されている全身用クリームは少し市販されていますが、化粧水となるとほぼ市販されていません。

 

ヘパリン類似物質と一緒に配合されているのが「プラセンタ」。

 

豚由来のプラセンタを使っています。

 

プラセンタといえば「エイジングケア」というイメージの方も多いと思いますが、昔から美白成分として有名なんですよ。

このヘパリン類似物質とプラセンタを一緒に配合して保湿&美白化粧品として完成させるのはとても難しいそう。

だから技術者や施設の揃った大正製薬でも20年かかってしまったんですね。

アクティブローション(化粧水)全成分

アドライズの化粧水「アドライズアクティブローション」の成分はこちら。

特筆すべきなのは、アミノ酸とセラミドが配合されている点。

アクティブローション成分

水、濃グリセリン、ペンチレングリコール、ベタイン、塩化Na、BG、ウマスフィンゴ脂質、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、プロリン、オキシプロリン、オウレンエキス、オウバクエキス、クエン酸、クエン酸Na

アクティブクリーム全成分

アクティブクリームの成分はこちら。

アクティブクリーム成分

水、植物性スクワラン、シクロヘキサシロキサン、濃グリセリン、ベタイン、ステアリン酸イヌリン、ペンチレングリコール、ウマスフィンゴ脂質、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、セリン、オウレンエキス、オウバクエキス、
油溶性シコンエキス(1)、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、d-δ-トコフェロール、塩化Na、POE・POP・ブチレン・ジメチコン共重合体、トリ(カプリル・カプリン・ミリスチン・ステアリン酸)グリセリル、シクロペンタシロキサン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、クエン酸Na、クエン酸

アドライズ化粧品の効果的な使い方

アドライズを購入するとパンフレットが同梱されているのですが、このパンフレットがとても良い感じ。

アドライズを使いこなすための効果的な使い方が親切に書いてあります。

重ね塗り

たとえば「重ね塗り」。

「アドライズは保湿化粧品で乾燥しにくいですよ。」といっても、やはり個人差があります。

特に、目元や口の周りに乾燥を感じる方はおおいのではないでしょうか。

そんなときは、アクティブクリームを手に取り、両手で温めてください。

そして、気になる個所を手のひらで覆うんです。

ふっくら艶やかな肌に近づきますよ。

しっかり洗う

また、上でも紹介したとおり、アドライズは4ステップを推奨しています。

①落とす⇒②洗う⇒③潤す⇒④守る

このうち、「落とす」や「洗う」の部分は最近結構優しい系が主流ですよね。

優しく洗い流す~

それはそれで良いのですが、アドライズは「優しい系」ではなく「スパルタ洗顔」(笑)。

「しっかり洗う」と言いながらもクレンジングをミルクタイプにしてくれたのは、大正製薬の優しさですね、きっと。

やっぱりしっかりと汚れを洗い流した方が、その後の化粧品も肌に浸透しやすいんですって。

そういう意味で、アドライズのメイク落とし「アクティブクレンジングミルク」と洗顔料「アクティブフェイスウォッシュ」「アクティブソープ」は肌を弱酸性に整えて、肌を一時的に弱酸性に持っていきますよ。

\43%オフ!1200円/トライアルセットでお試

アドライズ(adrys)化粧品のQ&A

ここで「アドライズ(AdryS)」についてのQAを書きますね。

Q.アドライズの販売店は?どこで買えるの?

大正製薬の公式オンラインサイト「TAISHO Beauty online」のみで取扱っています。

薬局での販売はなく上記公式サイトのみでの販売となります。

1回のご注文金額が5,000円(税込)以上で送料無料となります。

トライアルセットは宅急便ではなく「ネコポス」なので、送料162円で届きますよ。

\43%オフ!1200円/トライアルセットでお試し!

Q.30代じゃなきゃ使えないの?

そんなことありません。

たしかにアドライズ(AdryS)のパッケージには「30代からの悩める乾燥肌・・」という記載があります。

だけどこれは年齢制限を設けているわけではなく、30代からでも使える軽やかなタッチの保湿化粧品ですよという意味ではないでしょうか。

たしかに、30代だとまだ皮脂分泌が多い人も多いのでコッテリ系の保湿化粧品は使いたくありませんよね。

だけど、30代にも隠れ乾燥肌はいるんです。

そんな30代の方でもアドライズは使いやすいと思いますよ。

大正製薬「アドライズ」化粧品の価格とキャンペーン

最後にアドライズ(AdryS)の価格とキャンペーンについてお知らせしますね。

最安値はトライアル

アドライズの価格(税抜)について触れておきますね。

商品名容量定価定期便
アクティブローション120ml3300円 2970円
アクティブクリーム30g4000円 3600円
アクティブクレンジングミルク120g2500円 2250円
アクティブフェイスウオッシュ120g1800円 1620円
アクティブソープ80g1000円 900円
トライアルセット28ml
10g
1200円 –

 

トライアルセットは現品価格だと2103円分の商品を1200円でお試しできるお得なセット。

半額近い値段でお試しできるなんてコスパが良い!

まずはトライアルセットで化粧水とクリームを使い始めると良いですね。

トライアルセットを購入する>>

いやいや、トライアルといわずに現品を購入してじっくり試してみようかなという方には定期便がおすすめ。

回数縛りがなく、定価の10%オフで購入できるのでリーズナブルに購入できますよ。

特に定期便の初回はスペシャルプライス!

なんと半額で化粧水とクリームの本商品が購入できるんです。

初回半額の「スペシャルケアセット」の詳細は公式サイト「大正ビューティーオンライン AdryS」を確認してくださいね。

キャンペーン

今のところキャンペーンは行われていませんが、キャンペーンが開始したらこちらに追記しますね。

大正製薬「アドライズ」化粧品まとめ

アドライズは軽いエアリータッチの化粧水とクリーム。

本当に軽くてみずみずしいのにさすがの保湿力。

大正製薬の実力を見せつけられた気分です。

保湿に目が行きがちですが、プラセンタの入った美白の医薬部外品ですので澄んだ肌も目指せます。

これからべたついたり、紫外線が多くなってくる季節になるので、アドライズ(AdryS)が必需品になる気がしています。

みなさんのお顔がベタ付きや重さかから解放されて、すっきり澄んだ美肌に近づきますように!

初回半額!定期便トライアルセット